Trapan

Revolution

レボリューションはクロアチア土着品種「テラン」をメインに、カベルネ、メルロ、シラーをブレンド。しっかりとした骨格の存在感のあるワインです。

Ponente

ポネンテはイストラ半島の品種の「イストラマルワジヤ」で作られてます。爽やかなミネラル感やフレッシュグリーンフルーツ、リンゴ、クイウィの香りを愉しめます。

CHE non CHE

クロアチアでのスパークリングワインの生産量は、わずか1%!そのなかで”TERAN ”のスパークリングワインはとてもレアです。 濃いオレンジ色とすっきりした香り。口の中でキャンディーやライプメロン、トロピカルフルーツの香りが広がります。

Trapan-vinarija-1

ブルーノ氏のワイン造りは偶然の重なりで始まりました。

クロアチアでブドウ畑を所有している家は多いのですが、ブルーノ氏の祖父も小さなブドウ畑を持っていました。毎年秋には、家族全員が集まりブドウを収穫してワインを造り、それはとても賑やかなイベントでした。しかし、祖父が亡くなり、そのブドウ畑を続ける人はいなくなりました。

程なく、ブルーノ氏は大学を卒業しましたが、本当にやりたいことが見つからず、何となく祖父の残した畑でブドウの栽培をしていました。その頃、イストラのポレッチにあるワイン醸造の専門学校で1人分の空席があり、入学することにしました。そこで学びながら、常々先生や仲間から「ワインの才能がある」と言われ、ブドウやワインが好きになり、本気でやろう!と決意しました。

2005年に初めてエチケットを貼ったワインを出荷し、翌年からプロとしてワイン造りを始めました。ブルーノ氏は現在「ワイン」はビジネスより、ライフスタイルだと考えています。モットーは「愛・情熱・勇気」ワイン造りを始めて、自分の中にこんなにも情熱が溢れることに気づきました。

 

 

fotografija
27

TRAPANの全てのワインはオーガニックワインです。

醸造時には、できる限り自然なワインを造り、常に新しいブレンドや造り方にチャレンジしています。メインの品種はイストラの土着品種「イストラ マルヴァジヤ」(白)と

「テラン」(赤)

CHE non CHEは、テランのスパークリングワイン。自然な酸味のあるブドウでの醸造は大成功でした。

 イストラにある他のワイナリーとの違いは、斬新なモダンワインやプレゼンテーション、コミュニケーションのスタイルです。

もちろん、一番大切にしているのはクオリティです。

 TRAPANのブドウ畑は12haあります。土壌は、鉄分の豊富な西イストラの赤い土(テラロッサ)30%にイストラ マルヴァジヤ、もう30%にテラン、その他にはメルロー、ガベルネ、シラーを栽培しています。

 TRAPAN WINERYのモダンスタイルクロアチアワインを、是非お楽しみ下さい。

matea2
Close Menu